環境活動

環境方針

東芝ホクト電子(株)は、北海道のほぼ中央に位置する大雪山連邦からなる緑の山並みに抱かれ、石狩川と多くの支流が合流する豊かな自然に恵まれた「〜豊かな水や緑と北国の暮らしが調和する環境に優しいまち〜」旭川市を拠点とする本社工場と埼玉県の北西部に位置する荒川、利根川流域の多様な生態系や水と緑に恵まれた深谷市を拠点とする深谷事務所に位置し、地域住民と共存しながら、電子・医療デバイス(サーマルプリントヘッド、マグネトロン、DNAチップ、航空機用ブラウン管、その他デバイス)の事業を担い、その事業活動、製品・サービスを通じ、より環境に配慮した環境経営活動を推進すると共に、環境調和型製品・サービスを社会に提供し、社会に貢献することを目指します。そして、環境を維持改善する取り組みを、経営の最重要課題の一つとして位置づけ、東芝グループ環境ビジョンのもと、「“かけがえのない地球”を、健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、現存する人間の基本的責務」との認識に立って、行動します。

  1. 事業活動、製品・サービスに関わる経営課題を含めた環境ビジョン及び環境側面について、環境への影響を評価し、環境負荷の低減、汚染の防止などに関する環境目標を設定して、環境活動を推進します。
  2. 監査の実施や活動のレビューにより環境経営の継続的な改善を図ります。
  3. 環境に関する法令、東芝グループ一員としての「環境アクションプラン」、当社が同意した業界などの指針および自主基準などを順守します。
  4. 環境調和型製品の提供及び事業活動・サービスに係る環境側面について、環境負荷の低減に配慮した環境活動を推進します。
    • 1)製品に含まれる環境に影響を及ぼす化学物質の削減
    • 2)地球資源が有限であることを認識した製品作りの推進
    • 3)地球温暖化防止のため二酸化炭素排出量削減の推進
    • 4)廃棄物総発生量削減の推進
    • 5)環境汚染防止のため化学物質の適正管理の推進
    • 6)生物多様性を含む地域の特徴に根ざした環境活動の推進
  5. 環境活動を実施し維持・向上するための環境教育を全従業員に実施し、理解と意識向上を推進します。
  6. グローバル企業として、東芝グループ一体となった環境活動を推進するとともに関係会社等への指導、 支援を行います。
  7. 地域の環境保全・改善推進のため、地域と積極的に交流し情報開示とコミュニケーションを行います。

******この環境方針は社内外に公表する******

2017年4月1日
東芝ホクト電子株式会社
代表取締役社長 村川 典男

このページのトップへ